外反母趾 靴

fitfit 新作
CATEGORY
サイズから選ぶ
価格帯から選ぶ
SALE
外反母趾にも 優しい靴 fitfit

デジタルカタログ

TOP > fitfit 特集 > fitfitとは?

外反母趾でも痛くない、美しい靴。fitfit(フィットフィット)

機能性とデザイン性、どちらの夢もかなえたい。 若い頃から細身の靴に慣れた私たちの足は、年齢を重ねるごとに足幅が広がり、親指が曲がって、だんだんと美しい靴が似合わなくなっていきます。外反母趾を理由にパンプスを履かなくなったという方の、なんと多いことでしょう。でも、靴のお洒落を本当に諦める必要があるのでしょうか?

外反母趾の足でも痛みを感じにくく、見た目も美しい靴があれば、もっともっとお洒落を楽しめるの
ではないでしょうか。そんな思いと、実際に外反母趾に悩む皆さまの「私たちに合う、もっとお洒落
な靴を作って!」という声の多さに後押しされて、fitfitの開発がスタートしました。

外反母趾について学び、専門家にアドバイスを仰ぎ、人間工学に基づい
た靴づくりに定評があるメーカーとパートナーを組んで、靴の命といえ
る木型を一から起こし、何十もの試作を重ねた末に誕生したのがfitfitソ
ールです。

履き心地はもちろん、見た目の美しさを意識して、「細身に見える」こ
とに徹底的にこだわりました。お洒落な靴という点でも、満足いくもの
ができたと思います。フィット!フィット!と足が喜ぶ靴、ぜひ一度
お試しください。

オリジナルな木型と設計、ソールの開発

1.親指を解放する木型。

fitfitの靴の基本となる木型は、人間工学に基づき、センターラインを親指寄りに振ったオリジナルの足なり設計(下図の赤ラインと青ラインの比較を参照)。 普通の靴に比べて中心が親指側に寄っており、これによって前足部を幅広にすることなく、親指がまっすぐ伸びるフォルムを実現しました 。親指を圧迫しないから、外反母趾の足でも楽に履けます。

親指まわりにゆとりのある独自の木型

2.足本来の形を靴にした。

オリジナルの木型で親指まわりにゆとりを生むと同時に、ソールの爪先部分の親指側を高く、小指側を低く設計することで、足指の自然なラインに沿ってぴったりフィット。足本来の形に合わせた快適な履き心地を実現しました。

ソールの爪先部分の親指側を高く、小指側を低く設計型

3.進化を続けるソール。

独自の木型に合わせて開発された、ソールとヒールが一体となったfitfitソールは、初代のデビュー以来、よりよい履き心地とデザイン性を追求して進化を続けています。

従来の「軽やか3 in1ソール」が、新たに「”3 in1“スニーカーソール」としてブラッシュアップされました。 前足部からかかとまでを一体成型したソフトなアウトソールをはじめ、体重を支えるハードなミッドソール、 ヒール部分に内蔵された衝撃吸収クッションの3層構造はそのまま、デザイン性を高めました。 クッション性に優れた弾むような履き心地と、足裏の動きに合わせてしなやかに曲がる優れた屈曲性で、どこまでも歩いていけそうな軽やかな足運びをサポートします。

3in1 スニーカーソール 秘密は、3層構造

3in1スニーカーソールを詳しく見る ライトウェイトソールを詳しく見る
3in1エレガントソールを詳しく見る S字ウェッジソールを詳しく見る