免疫力アップ

大人世代の8割が冷えに悩んでいる

なかでも、ゴースト血管のサインとして、多くの人に見られるのが「冷え」です。昔から「冷えは万病のもと」と言われるように、冷えは様々な不調の引き金として知られています。代表的なところでは、肩こりや胃腸の不調、不眠、疲れやすい、風邪を繰り返すといった症状。また、代謝機能が落ちることでむくみ、太りやすくなる、肌トラブルが気になるなど、美容面にも悪い影響を及ぼします。

めぐるカラダは揺らがない

毛細血管の減少を防いで冷えを改善するのに、もっとも手軽な方法は「カラダを温めること」です。Nukleは、さらに一歩踏み込んだ「めぐる働き」にもまっすぐアプローチ。トルマリン鉱石のマイナスイオン粒子と、備長炭の炭素粒子をナノ化して閉じ込めた特殊な繊維が、カラダ自ら温まる力を応援。ぽかぽかスムーズな血流をサポートします。とりわけ気温の下がる冬は、冷たい外気で血液の流れが滞り、酸素・栄養が行き渡らずにカラダの様々な機能が低下する、「冷えの連鎖」が起こりやすい時期。大きな不調や病気に陥る前に、カラダを冷やさない生活習慣を心がけましょう。

温めるといい理由

病気をブロック

HSPが効率良くつくられるのは体温+2℃の環境。温めることで、病気を寄せつけないカラダへ導きます。

修復システムが発動

熱を与えることでたんぱく質の一種、HSP (ヒートショックプロテイン)がカラダの修復に働きかけます。

冷え体質は改善できる?
専門家に聞きました

奴久妻 智代子 医学博士 (ぬくづま ちよこ)
医療法人社団タイオン サーモセルクリニック理事 全身ハイパーサーミア研究会理事 北海道大学大学院獣医学研究科修了、同大学大学院医学研究科にてウイルスの DNA ワクチンに関する研究で医学博士学位取得。カリフォルニア工科大学などを経て、 2000年から温熱療法の基礎研究に従事

冷えの放置は重大な病気を招く

冷えは“軽い不調”と思われがちですが、実はがん、脳血管障害、心疾患など多くの病気の根源には「冷え」があると考えられています。特に、外気温により冷える程度ではなく、手足の先端が慢性的に冷えている感覚がある場合、「冷え症」と呼ばれ、注意が必要です。

血流改善にはまず温めること

冷えの主な原因としては、血液循環の滞りが挙げられます。血流の滞りは免疫力の低下を引き起こし、様々な不調を招くため、血流を整える生活習慣を心がけましょう。一番手軽な方法はカラダを温めること。その上で、末端の毛細血管まで行き渡るように、血液の状態を良くしていく必要があります。

自律神経もめぐりに関係。
心身をゆるめる習慣を

また、血管の拡張や収縮には自律神経も関係しています。ストレスが強い方は交感神経が敏感になっているため、リラックスして交感神経の活動を和らげることも大切です。おうち時間が長くなっている今は、自宅で着用するものにもこだわりたいもの。体を冷やさず、心身ともにリラックスできるものを選びましょう。

Nukleはこんな方にオススメ

  • カラダが
    冷えやすい時に
  • 疲れが
    気になる時に
  • 目覚めが悪い
    眠りの浅い方に
  • ウォーキングや
    軽い運動時に

ナノミックス®は元々、アトピー性皮膚炎に悩む子どもたちの力になりたいと開発されたものでした。角質層のバリア機能を整えて、うるおいを保ち、かゆみを和らげる効果があり、カサつきやすく、敏感に傾きやすい大人世代の冬肌も、着るたびしっとりなめらかに導きます。

心地いいぬくもりが広がり、
全身ポカポカに。

実際に着て感じたことは?
モニターアンケートでは
こんな声が寄せられています!

冷えからはじまる不調の連鎖。
温め&血流改善で免疫力アップへ