レースデザイン/半袖・ドゥクラッセTシャツ

Vol.01
今年の夏こそ、
思い切って色を楽しみましょう!
ファッションも気持ちもポジティブにしてくれる「色」。
有名モデルやスタイリストから絶大な信頼を集める、
ファッションエディター磯部安伽さんに今年の夏取り入れたい夏色、
配色をレクチャーいただきました。
夏色×配色レッスンで、夏のお出かけを彩って!
色好きも、苦手意識がある人も。
サックスブルーを味方につけて!
梅雨の晴れ間の夏空を彷彿とさせるサックスブルーは、色好きはもちろんのこと、色使いに苦手意志がある人も取り入れやすいカラー。ブルーが持つ爽やかなイメージをこわさないよう、ニュートラルなベージュのショートパンツをコーディネート。風のように軽やかなリネンブラウスを満喫できる、夏らしい着こなしになりました。
甘く、柔らかく織りあげたノルマンディー・リネン100%のブラウス。ヒップラインをカバーする長め丈で、胸もとリボンがチャームポイントに。首まわり広めのリラクシーなキーネックを、わずかに高さをつけたネックラインが引き締めています。
華やかなバイオレットを主役に
凛とした着こなしを楽しんで
着るだけで華やかさをまとえるバイオレットのセットアップ。カジュアルダウンして着るのも素敵だと思いますが、せっかくなので思い切りお出かけ気分を満喫できる着こなしに。ダークネイビーのハンドバッグとブラックのヒールパンプスを合わせて、蒸し暑さを忘れる、凛としたムードに仕上げました。
シンプルだけど今っぽく着こなせるゆったりフォルムのブラウスと、美しいAラインを描くフレアスカートで、時短もスタイルアップも叶えてくれる着映えセットアップ。美しい艶と鮮やかなバイオレットのカラーがドラマチックな存在感に。
奥行きたっぷりのイエローが
夏のおしゃれをとびきり元気に!
イエローと言っても、色味は様々。黄緑色に近い奥行きたっぷりのイエローは、日本人の肌色に似合うおすすめカラーです。今回合わせたブラックのパンツをはじめ、ベージュや白、ネイビーなど、あらゆる色のボトムと相性が良いのも長所のひとつ。ビタミンカラーを身につければ、気分までぐっと前向きになるから不思議ですね。
大きめの衿や少しワイドな身幅、袖口に折り返しをつけたドルマンスリーブ、前後差のあるラウンドヘムがリラックス感のあるデザイン。風を通してさらりと保つ軽やかなリネンのシャツは、蒸し暑い日本の夏にぴったりの1枚。

磯部安伽(いそべやすこ)

ファッションエディター。大手出版社で雑誌編集者として勤務したのち、2013年にフリーランスに。以後、集英社『Marisol』『LEE』『eclat』などのファッション誌を中心に活動する一方、アパレルのカタログ製作やブランディングディレクションなど、エディターの枠を超え活躍する。ブランドとのコラボも多数。2019年には、著書『ファッションエディター磯部安伽のスマートクローゼット』(KADOKAWA)が発売された。インスタグラム  @yasukoisobe

edit&styling:Yasuko Isobe

photography:Shohei Kanaya

hair&make-up:Yukio Mori/roi